代表挨拶

代表 メッセージ
Takamitsu Nagano
永野 隆満

これまで芸術の分野で活動してきた私にとって、バレエそのものに大変深く興味をもっておりました。

幼児の情操教育としてはもちろん、成人初級クラスの方においても、美容のためであったり
子供の頃からの憧れであったりとその動機は様々ですが、
どなたも目を輝かせてレッスンに取り組んでおられる姿には強く魅かれるものを感じております。

2010年4月開校以降現在、7名の色とりどりな講師陣が指導を行い、
音楽や語学なども学べるお教室として、ピアニストを招いた生演奏や様々な外部ゲスト講師を

招くなど、様々な試みにて、唯一の独創的なスタジオ作りを目指しております。

バレエを通じて、生徒らが舞台や芸術に携わるきっかけ作りとなり、
将来「アキバレエスタジオ」に出会って良かった。そう思えるスタジオであることが理想です。 

想いは一つ「多くの皆様がバレエと出会えるスタジオでありますように」

代表プロフィールProfile

代表プロフィール

永野 隆満

鹿児島県出身。人口1万人小さな海の町志布志町で中学まで育ち、人口4000人焼酎と温泉のある小さな山の町霧島町で思春期を過ごす。2つの小さな町が大切な故郷。18歳で上京し、昭和音楽大学作曲学部卒業、音楽制作会社の会社員を経て、2010年に起業。
鹿児島時代作曲、編曲などの基礎を、県内在住随一の作曲家吉嶺史晴に、ピアノを堀由布子各氏に師事。上京後は作曲家で電子音楽家やイベンターでもある吉原太郎氏にコンピューターを使った音楽制作、編集技術を叩き込まれる。
また、学生時代から、音大、芸大の学生らを巻き込み、朗読コンサートの劇団を主宰しており、総勢20名の団員を従え全国の小学校へ巡回公演を行い、音楽付き絵本の出版、音響芸術をメインとしたアート展、舞台の脚本演出企画などを精力的に行っていた。2009年解散。
ある時、コンテンポラリーダンスの舞台制作に携わったのをきっかけに
身体表現に興味をもち、2010年クラシックバレエ教室AkiBalletStudioを開始し、事業登記。並行して同スクール内でピアノの指導を行う。
現在は、音楽制作事業、音楽・英会話などの複合カルチャースクールMusic&Culture Joyous、音楽と工作と実験のオトワクラボなどに携わりつつ、各地の自治体や団体へのイベント企画立案、異業種アーティストのコラボ、2018年より法人化したのを皮切りにバレエに留まらず様々な芸術、文化のジャンルにおける事業展開を精力的に行っている。
2020年より、地元鹿児島ユナイテッドFCの協賛企業(クラブサポーター)となっている。

実 績Actual

経 歴

ゼノアック最優秀賞(日本全薬工業株式会社主催)
Contemporary Computer Music Concert(2006神戸)
Contemporary Computer Music Concert最優秀賞(2007東京)
MOTUS夏期アトリエ(2006フランス)FUTURA2007(フランス)
その他入選、受賞歴多数

創作活動Work

経 歴
2006年 Contemporary Computer Music Concerts入選
2007年 音と音楽・創作工房116最優秀賞受賞
2007年 国際アクースマティック芸術祭出品(仏)
AIGすみだコミュニティ・プログラム助成対象企画
「墨田の音スケッチ」参加出典...
2008年 ちいさなおくりもの(絵本 出版)  
その他現在までに300本を超えるコンサートの主宰や企画、作品を発表している。

MENU(タップすると開きます)