HOME > トゥシューズを履きたい小学生の皆さま

トゥシューズを履きたい小学生の皆さま

初めに断言します トゥシューズは必ず履けます

バレエと言えばトゥシューズ。
憧れますよね。

特に、バレエの醍醐味と言っても過言では有りません。
そこで、そんな皆さまにトゥシューズについての正しい知識を学んで頂きたくこのページを作成致しました。
「トゥシューズを履く為の最低限のルール」と、「トゥシューズ」がどういうものか?
を知って頂き、多くの皆さまが憧れのバレリーナへと更にステップアップして頂くことを、心より応援しております。

さて、トゥシューズを履くには原則、以下のルールを設けました。

■週2回以上継続して通っている生徒

または

■ポワントを履く為の足の条件を満たした生徒(講師許可必須)

※大人クラスの皆さまは、筋力も安定しており週1回からでも受講可能ですが、怪我を防ぐため、特に初級者の皆さまは、通常レッスンからの連続受講であることが条件となります。

週2回レッスンが必要な理由

近年、多くのカルチャーや教室で週1回のトゥシューズを許可しているスタジオがあるということも存じ上げております。

カルチャーの場合、時間的な制約、お教室であっても、生徒様の意向を何よりも尊重されているなど、様々な理由があるかと思います。
しかし、将来に繋がる大怪我に対するリスク、多くの指導法において、それらを禁止されている現状、やはり、いささか疑問です。

当スタジオでは長期間にわたり、専門的な機関でバレエ指導者として養成されてきた講師陣で構成されており、またダンサーとしても、20数年~それ以上の経験を持つ、全ての講師が同意見であったことに、伴うものでもあります。

下記文献にもある通り、本来のバレエ指導において、このトゥシューズについては、危険性を理解し、生徒の将来のためにも、慎重に取扱うべきものだということを、どうかご理解下さい。

■参考文献
トゥシューズの練習を始めるためのガイドライン(国際ダンス医科学学会)
その他、週1でトゥシューズレッスンに関する検索をかけて頂ければ、より、多くの事をご理解いただけるかと思います。


講師の許可必須について

トゥシューズの危険性は上記でも記載した通り、バレエシューズに比べると、足にかかる負担も大きく増す他、思わぬけがやアクシデントに見舞われる可能性も、バレエシューズに比べるとはるかに高くなります。
バレエシューズでできないことは、トウシューズでは不可能です。

トゥシューズクラスの条件

  1. バレエシューズでのしっかりとした技術
  2. 筋力
  3. 身体の引き上げ

以上3点が最重要となります。トゥシューズを履く為には以上の事を得に意識したレッスンを行う必要があり、それらをクリアして初めてのステップです。
初めは、立つ事で精一杯になるかもしれません。50minの参加が困難な場合もあるかと思います。しかし、どんなダンサーも初めはそうなんです。
事故のないように、細心の注意を払いながら、講師が、密に、慎重にフォローしていきます。そういったことから、先生の許可を必須としております。

ただし、はじめにも書きましたが、
「トゥシューズはどなたでも履けるようになります。」
約束します。
当教室では、トゥシューズを履きたいと思う、生徒様を大歓迎しております。お気軽に相談下さい。
そのためのプランについて、一人一人にあった内容で、トゥシューズに向けたプランをご案内差し上げます。
決して焦らずじっくりと、憧れのポワントの世界を習得するために、講師と共に、正しい指導方法と、正しい履き方で実現していきましょう。


スタジオ紹介MOVIEご覧ください!! 随時開催!お気軽にお問い合わせ下さい。
044-577-7806 / 090-4487-4665
体験レッスンについて 各校アクセス 坂戸校・久本校・大倉山校

このページのトップへ