HOME > Aki Ballet Studio Blog > アーカイブ > 2016年6月

Aki Ballet Studio Blog 2016年6月

音楽制作、編集の仕事。

最近迄は、結婚式シーズンの影響でしょうか。
余興の音楽制作の仕事がとても多かったです。

今年は、本業の教室運営の方は、初めて夏にバレエの発表会を開催するもので
なんとも例年に増して忙しくもあり、合間に制作しながら教室の準備をする。
年々少しずつですが、リピーターの方が増えて下さるのは
とっても嬉しいもので。

新規からカラオケを作って欲しい。
とか、曲のアレンジして欲しいとか、
ベースのトラック作って欲しいとか、
曲間の繋ぎ、テンポの修正諸々あるんですが、

奥さんの前でサプライズ演奏するからアレンジして欲しいとか、
そのための楽譜作って欲しいとか、
ってのも少なからずあります。

対面よりも圧倒的にネット上でのやりとりが多く、見ず知らずの方も多いですが、
私のこのお仕事が、
少しでも皆さんの幸せのお手伝いに貢献出来るのは、まぁ結構嬉しいもんです。

さて、そんなブライダルシーズンの6月も終わり間もなく7月ですね。



大塚芽衣ブログVol.16【舞台鑑賞ドレスコード】

【ドレスコードって?

さて、前回、舞台鑑賞マナーを紹介させていただきましたが、
それに派生して、ドレスコードという ものを今回はご紹介させていただきます。

ドレスコードとは
「服装規定(ふくそうきてい、英語
: dress code)とは、
社会の中のさまざまな場所と機会、ま た行事や催し物、
パーティやディスコなどの場面で当然、その場面でしかるべきとされる服装のこと をいう。

周囲への配慮から始まったエチケットである。行事によっては主催者側でフォーマル、
イン フォーマルなどと指定されることも少なくない。
英語の表現をそのまま使ってドレスコードと表現さ れることもある (出典
Wikipedia)」



日本ではあまりなじみの無いドレスコードですが、海外では舞台だけでなく、
レストランなどでもド レスコードが存在し、 明確に規定されている場合もあれば、
常識的に「このグレードのレストランなら、ドレスアップする のが普通」
と明確に規定されていない場合もあります。 過去に私もイタリアへ行った際に、

父とオシャレなレストランに行った際はドレスアップして行きましたが、
ウェイターさんがすごく丁寧にエスコートしてくださいました。父が手を取って席まで案内 してくれ、
ウェイターさんが丁寧に椅子を引いてくれる
...映画の中みたいで、
恥ずかしかったです。

男性オシャレ.jpg女性オシャレ.jpg


ですが、サービスやグレードに伴った「正しい服装」というのは確かに必要だな、
とこの時身を以て 学べたと思います。

素晴らしい質のサービスを提供してくれる場所に、ジーンズと
Tシャツで行くのは、
とても失礼な事です。

それと同じで、舞台にもドレスコードというものがあるのです。


【プロの舞台ではオシャレをしたい】
女性髪型.png

プロの舞台では、それなりに綺麗にオシャレが必要です。
20代ぐらいからはきちんとお化粧をして、フォーマルな女性らしい服装と、
華美すぎないアクセサ リーと綺麗なヒール。 10代でしたら、お化粧はせずとも、
眉や顔周辺の無駄毛処理をした上で、フォーマルな可愛らしい 服装。


綺麗めのスカートやワンピース等がいいでしょう。
制服はだめなの?というのもたまに聞きますが、だめではありません。

都会の子であれば、学校が帰 りに着替える時間が無く仕方なく
...
という子もちらほら見かけます。 ただ、学校帰りに制服で行くことになってしまうのであれば、
身なりをきちっとして、制服をきっちり着る。

制服女の子.png


あたかも、自分がこれから卒業式で壇上に上がるかのように、正しく制服を着用しましょう。



【厳密には規定されていない】
ただ、厳密にはドレスコードは規定されてないことがほとんどなので、
その人自身の「良識」に任されています。

先生が出演する舞台や、先生の紹介でチケットをとってもらった、
など恩師に関係する舞台だった場合は、
先生の顔を立てるという意味でも、きちんとした服装は必要かと思います。

そう言った場合は、事前に先生に相談しましょう。

また、演目によってどういった舞台なのかを察する事も出来ます。
古典ものの舞台であれば、きちっとしたフォーマルなものがいいし、
逆にエンターテイメント性の高い演目であれば、
多少カジュアルでも問題ないと思います。

カジュアルでもフォーマルでも、「清潔なきちんとした服装」であれば問題ないでしょう。


特に、発表会などであれば、おじいちゃんおばあちゃんや、
お友達等もくるので、比較的カジュアルなことが多いです。

ともあれ、一番大事なのは
「他人に不快感を与えない、清潔で綺麗な服装」
であるということです。






大塚芽衣ブログVol.14【お花の渡し方】

お花の渡し方マナー

みなさまこんにちは、大塚です! さてさて、アキバレエスタジオではもうすぐ待ちに待った発表会!
本番が楽しみでもあり、怖くもあり
...、レッスンもリハーサルが多くなってきますね。
怪我をしないよう、焦らず頑張りましょう!

ところで、バレエに限らず、ビジネス面でも、開店祝などでお花を贈る事って多いですよね?
お花を贈る、って、欧米から来た文化なのかな?
と思いやすいですが、そんなことはありません。

欧米でも日本でも、「花を贈る」という行為自体は昔から存在していました。

そういう意味で、国は違っても、やはり人間の考える事は同じなんですね。

そう、お花を贈る。
特にバレエや演劇など、芸事の習い事をしている人や、俳優さんの追っかけをしている人は、
その頻度が高いかと思います。

花束1.png

実は、日本において、花を贈るマナーというのが結構あるんです。


【日本においての贈花マナー】
お見舞いに鉢物は× これは良く聞きますね、鉢物に入れられるのは根のついたお花で、
お見舞いに根のあるものは、 「根付いてしまうから」駄目。 言葉遊びのようですが、
ゲン担ぎという意味合いも込められているのでしょう。


結婚式に黄色い薔薇はNG 黄色い薔薇の花言葉に「嫉妬・ねたみ」というのがあるため、
結婚式に黄色い薔薇は
NGです。

逆にサムシングフォーの一つでサムシングブルー(何か青いもの)ということで、青系のものを
花嫁が身につけていると幸せになれるという言い伝えがあるため、青いお花や薔薇など良いかもしれません。

本数も大事 「4」「9」「13」という数字は不吉な数字として知られているため、お花を贈るのであれば、 縁起の良い末広がりの「8」などが良いでしょう。お祝いに最適な数字と言われています。



【発表会でのお花はどうしよう】
前述したとおり、花言葉や花の意味というのは、とても大切だということが分かりました。
では発表会に持っていけそうなお花をご紹介します。


カーネーション(ピンク)
カーネーション.png
花言葉は「美しい仕草、感動、感謝」です。 発表会が美しかった、
感動した、見せてくれてありがとう、という感謝を込めるのにぴったりです ね!
花言葉は花の色によって変わってきますので、ご注意を!


 

ひまわり
花言葉は「憧れ あなただけをみつめます」。




 「優美な女性」



サンダーソニア
「祝福 祈り」



胡蝶蘭(白)
胡蝶蘭.png
「幸せが飛んでくる 変わらぬ愛 清純」
また、胡蝶蘭は花の中でもグレードの高いものなので、尊敬の念を込められたり、
大切なビジネスの相手に送られたりすることがあるそうです。

また、相手によっても花束やアレンジメントのデザインを変えたりすると良いでしょう。
子どもであれば、花の本数が多く、華美に見えるもの。
大人であれば、本数が多くなくとも、気品と美しさを兼ね備えたもの。などのように。
この辺りは、その道のプロであるお花屋さんに聞くのが良いかもしれませんね。
子ども等は特に、難しい事は分かりませんから、単純にぱっと見、
「あの子は10本の花束なのに、私は1本だけ?」
と落ち込んでしまう事もあるかもしれません。


いろいろなことをご紹介しましたが、なによりも大切なのは、送り主の気持ちです。
気持ちを込めて、花束をプレゼントすれば、どんなものも喜んでもらえます。
相手に贈るプレゼントを考える時間を楽しんでください。


大塚芽衣ブログVol.15【舞台鑑賞の仕方とマナー】

【必見!舞台鑑賞マナー】


バレエ、日本舞踊、ピアノ、演劇、歌舞伎...
世界にはたくさんの舞台があります。

長い時間をかけて、役者やダンサーが作った努力の結晶。それが舞台です。

DVDとは違う、生で見られるというのはとても幸運なことです。
しかし、その幸運な機会を台無しにするお客さんがいたらどうでしょう。

白鳥の静かな湖のシーンで、斜め前のおじさんがいびきをかいている、
とか、子どもが泣き出すと か。

プロの舞台なら、会場にいる人間全員が同じように、高いチケット代を払い見に来ているのに、
1人 のワガママの
せいで、何百人、そして出演者の努力の結晶が台無しになってしまいます。
 

もしかしたら、知らないでは済まされないことをしてしまっているかもしれない!?

そんなことにはならないよう、マナーを知ってから舞台鑑賞に出掛けてみましょう。



極力音を出さない
携帯禁止.png
携帯電話や音が出る電子機器の電源を切る事は勿論です。
また、公演中のお喋りも厳禁です。 隣の人とごくごく小さい声で「素敵な人ね」「綺麗ね」と短く端的に囁くのであれば許容範囲かもし

れませんが、
長々と舞台の批評をするのはマナー違反です。
また、咳や鼻水等の音も他のお客様の妨げに鳴ってしまいますし、咳などは、舞台に立つダンサーに
もよく聞こえます。
その場合は、咳止めの薬を飲んできたり、のど飴を用意してこっそり口の中へ入れるなどして、対策
をしましょう。

また、オペラグラスや、ハンカチなどを取り出す際に、ごそごそとバックを漁る音も以外と
よく聞こえますので、必要なものは開演前に取り出しておきましょう。

また、子どもが泣き出してしまった、泣き出してしまいそうな子どもがいる場合、席が自由席の場合
は、なるべく後ろの一番隅の席をとりましょう。

そして、ぐずり始めたら、すぐに退出しましょう。
また、プロの舞台の場合は、小さい子どもの入場をお断りしている場合もありますので、
あらかじめ確認してからチケットをとるのが良いでしょう。


上演中に入場はしない
基本的に、開演5分前には必ず席についていたいです。
仕事でも学校でも、時間を守ることはどんな人でも日常的にしている筈ですので、
それと同じく、5 分前行動を心がけましょう。
お手洗い等も混雑しやすいので、早めに会場に着いて、
あらかじめ行っておくか、会場に着く前に近 場で済ませてくるか、時間に間に合う方法で対処しましょう。

また、万が一遅れてしまった場合は、会場の案内係の方のエスコートに従います。
その時も足下をライトで照らして、席まで案内してくれますが、案内係の方を見習って、
なるべく他 の方の邪魔にならない体勢で移動と待機をしましょう。

正しい姿勢・服装で鑑賞しましょう
鑑賞する際は、椅子に背をぴったりつけて鑑賞しましょう。
疲れてくると前のめりになったりする人がいますが、それをしてしまうと、
後ろの人は舞台がまった く見えなくなってしまいます。

また、後ろの人の邪魔になりますので、帽子は外しましょう。
それと同じ理由で、女性も髪型をオシャレなお団子や爆発ヘアなど、
ボリュームのある髪型は避けま しょう。
バレエのレッスンをする時のようなお団子でしたら許容範囲だと思います。

髪をまとめるのなら、なるべく下の方でお団子にするか、いっそ髪をおろすかするのが一番良いと思 います。



ホール内は飲食禁止
197467.png
さきほど、こっそりのど飴を...。と書かせていただきましたが、
ホール内は基本的に飲食禁止です。 それを念頭に置きましょう。

飲み物を飲むのも、鑑賞の邪魔になりますので、遠慮しましょう。

ロビーではもちろん平気ですので、休憩時間の時にロビーに出て、飲み物を飲むのが良いでしょう。
その際も、5分前行動を忘れずに!


今回はビギナー向けの鑑賞マナーを紹介させていただきましたが、
いかがでしたでしょうか?

慣れないうちは、堅苦しいと感じる事があるかもしれませんが、慣れてくると、
パフォーマンスに熱中できるようになります。


戸田実可子ブログ:日本人20年ぶりの快挙!

おはようございます!
実可子です。

朝から嬉しいニュースですね。
「20年ぶりに日本人がロイヤルバレエ団のプリンシパルに!」


平野亮一さん 高田茜さん
おめでとうございます!

t02200125_0300017113670459883.png

日本人で熊川哲也さん 吉田都さん
t01680204_0168020413670460404.jpg

についで同時昇格☆

本当に嬉しいニュースです。

高田茜さんの動画はこちらから!

平野亮一さんの動画はこちらから!

平野さんは私が修学旅行の時にロイヤルオペラハウスで見た時にコールドとして踊っていたので、とても嬉しいです。

日本人の活躍が今後も楽しみですね☆



キャストファシルバレエ代表 戸田実可子

プログラム用個人写真撮影でした

昨日、今日(あ、もう昨日か笑)と、発表会プログラムの撮影でした。
現在、使用する写真の選別中です。

 

二日間と限られたスケジュールとなりましたが、
全ての皆さんにご参加いただき、全体的な遅れも無く(寧ろ30分巻き)、スムーズな進行でした。
お忙しい所ありがとうございました。

 

写真は、10数年来の仲間で、例年サポートしてくださっている
プロカメラマンの高橋敬大さんに
二日間スケジュールを抑えてもらいました。こちらも忙しい所ありがとうございました。




動画は彼が手がけている写真の仕事で、時計のプロモーション動画。
高橋敬大さんは元々バリバリのサックス吹きですが、(今も現役ですが)
近年は写真家さんとしても本当にかなり、手広くやってます。


写真の様子、仕上がりはとても綺麗です。


これら写真をもとに、現在プログラムデザインを頂いており
(担当はこれまた長年、多方面のデザインでサポート下さるアトリエネコヤナギ代表の吉嶺さん)、なんとか今月中旬の完成を目指して、制作にあたらせて頂ければと思います。


二日間の撮影で、いっぱい、良い笑顔を集められました⭐️

みなさんに感謝です。
13346836_1170551312963927_8367253205017110536_n.jpg


1

« 2016年5月 | メインページ | アーカイブ | 2016年7月 »

このページのトップへ